MT車のエンジンブレーキ

「エンジンブレーキ」を活用することでブレーキの摩耗や
「ヴェイパーロック現象」を起こしてブレーキが利かなくなる、
ということを防ぐことができますし、
緩やかにスピードを落とすことで流れを乱さず、
後続車への「思いやり」もできると思います

MT車の運転は「半クラ」や状況に応じたシフトアップやシフトダウンといった、
ちょっとした「コツ」が必要な操作をしながらの運転になりますから、
ドライバーの精神的負担が大きくなります。
だからこそのAT車だと思いますが、
エンジンの特性をうまく利用し、
AT限定の免許を取っても「エンジンブレーキ」の活用をしていただきたいな、
という風に考えています

ちなみに僕はやっぱりMT車に乗っていた頃のクセが抜けず、
AT車に乗っているのにもかかわらず、
すぐにシフトレバーを握ってしまいます…

Comments are closed.